2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高知大 2015 学長選考始まる | トップページ | 高知大学 学長選考2015 脇口学長の「発達障害モドキ」発言 »

2015年10月19日 (月)

高知大 脇口学長の「発達障害モドキ」発言

昨日のブログにも書いたが、10月14日 所信表明の会が開催された。この会で 両候補の「人間性」が極めてよくわかった。

具体的には脇口候補(現学長)から、例の通りのトンデモ発言があった。

「今の若者、特に高知大学の学生の抱えるという問題は何か」という質問に対して、若者たち(つまりは自分の大学の学生たち)を評して「発達障害モドキ」という言葉をつかって表現した。

この席には、高知大学の学生たちもいたのである。一体彼等は「発達障害モドキ」と呼ばれてどう思ったろうか。かつて教育研究評議会で「学生の30パーセントは発達障害」といったことはすでに組合の機関紙で知っている人も多いだろう(詳しくは 高知大学教職員組合機関紙『こぶし』http://kuunion.cocolog-nifty.com/blog/files/2013-6.pdf 参照)だが、「常識のある」多くの人は「まさか本当にそんなことは言わないだろう」と思っていたのではないだろうか。今回、多くの大学構成員がその発言を実際に自分ので聞くことになった。

おそらく、その場にいなかった人は、「発言の一部だけとりあげて批判している」と思うに違いない。

だが、今度は「幸いなことに」(このような人が学長なのは不孝の極みだが)その時の模様を動画で確認することができる(学内のみだが)

「まさか」と思う人(学内)はぜひグループウェア「ライブラリ「学長選考所信表明の会」「所信表明の会」1015日付)でご自分の目でたしかめてほしい、そしてよく考えてみてほしい、「この人が教育機関の長としてふさわしい人だろうか?」と

 

« 高知大 2015 学長選考始まる | トップページ | 高知大学 学長選考2015 脇口学長の「発達障害モドキ」発言 »