2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ニュースレター37が発行されました | トップページ | »

2012年2月15日 (水)

《(仮称)高知総合人文社会科学会 創設準備会シンポジウム》のご案内

《(仮称)高知総合人文社会科学会 創設準備会シンポジウム》のご案内

グローバリぜーションと地域の構想力
-高知の視座から-

 高知大学人文学部は、人文・社会科学の総合的研究機関として、これまで様々な研活動を行ってきました。学部には多様な学会・研究会が存在し、2004年度より「高知の視座」に基づく分野横断的なプロジェクトが始動するなど、組織的な研究も行われていす。さらに、1999年度より大学院人文社会科学研究科(現・人文社会科学専攻)が新設され、学部卒業生、社会人、留学生を毎年受け入れ、修了生を地域に輩出してきました。 
 人文学部では、こうした活動を踏まえ、人文社会科学の総合的な研究交流の場づくりを目指すべく、新たに学会を創設する準備を進めています。私たちが目指す学会とは、大の枠を越えた多様な人々との双方向のコミュニケーションの場を形成し、地域の発展に与することにあります。今回は、この活動の一環として、「グローバリゼーションと地域の構想力-高知の視座から-」と題するシンポジウムを開催することになりました。 
 現在日本では、少子高齢化や経済格差、震災復興、TPPなど、深刻な問題を抱えるともに、経済のグローバル化や行財政改革の影響により、地域社会の持続可能性が一危ぶまれています。高知県は、こうした問題を数多く抱える「最先端」地域であり経済・社会・文化の各方面で困難に直面しています。今回のシンポジウムでは、このような地域が抱えている問題の所在について、政治・経済・文化の角度から光を当るとともに、地域の中から今後の展望を探っていきたいと考えてます。学外の方も含め、どなたも参加自由です。ぜひ当日会場までお越しいただき、議論にご参加下さい。

日時:2012年2月18日 14:50~17:00

場所:高知大学人文学部 第一会議室
 
14:50~~15:00  趣旨説明 (人文社会科学専攻 教務委員長)
15:00~15:15 (仮)グローバリゼーション下の地方分権改革
             -橋本県政の意義と限界-    
         根 小 田 渡(高知大学名誉教授)

16:15~15:30 (仮)グローバリゼーションと地域経済の危機
         岩 佐 和 幸(高知大学人文学部教授)
15:30~15:45 (仮)黒潮流域圏の史的解明と地域文化の再生
         吉 尾  寛(高知大学人文学部教授)

(休憩 15:45~15:50)
15:50~16:50   総合討論(司会 小 澤 萬 記 高知大学人文学部教授)

16:50~17:00 閉会の挨拶(人文社会科学専攻長)

« ニュースレター37が発行されました | トップページ | »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180307/53990865

この記事へのトラックバック一覧です: 《(仮称)高知総合人文社会科学会 創設準備会シンポジウム》のご案内:

« ニュースレター37が発行されました | トップページ | »