2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月10日 (日)

「土佐さきがけプログラム」への疑問

以下のような問い合わせが来ています。

Q:
人文学部 関係先生様

一連の内容を拝見しました。
受験生の親として少し心配になります。

学部長先生や多くの先生方がご心配される
であろう、ご様子もわからないではありません。

ご主張はわからないでもないですが、急激な時代の変化を踏まえて、ある程度の実践的な内容や訓練といった実学が、学問とともに必要なのではないかと思い、息子には、受験させようか検討しています。しかし、親としては、多くの金額を投じる4年間
ですから、長所や欠点をよく把握しようと思います。

このコースにも長所はあるのではないでしょうか?
アドバイス願います。

A:
「人文学部 関係先生様」を代表してお答えする立場ではないので、個人の立場でお答えします。

「急激な時代の変化を踏まえて、ある程度の実践的な内容や訓練といった実学が、学問とともに必要なのではないかと思い」とありますが、これまで、このプログラムを批判してきたのは、別にそれが「実学」であるからではありません。実際に授業科目表を見ていただければ「実践的な訓練」という要素は人文学部にも多分に含まれていることがおわかりになると思います。
このプログラムへの批判はむしろ、実践的と言いながら実は少しも実践的でない点にあります。具体的な授業科目の構成をとりあげてご説明したいのですが、同プログラムのカリキュラムがころころ変わる(というより常にあいまい)のでここではそれはしません。
お子様の受験を考えているということですが、最低限授業科目表をご確認の上決定されることをお勧めします。特に以下の点にご注意ください
1 卒論指導はどうなっているのか(ゼミナール等)
2 専門科目における英語関係の科目の時間数は何時間か(十分か)
3 中国語(必修)の時間数はどうか?これでモノになるか?
4 経済学や経営学の授業はどれくらいあるか
5 必修と選択のバランスはどうか

A2:良いところ?
強いて挙げれば以下の点でしょう。

1 卒論を書かなくていい
2 留学が必修である。ただし、多くの私立大学のように海外校を持っているわけではないので、どこにどのような形で留学することになるのかは不明。お金についても、別に大学が負担してくれるわけではない。また、留学したから就職がうまくいくというわけではない(時期によってはむしろ不利)
3 放送大学の科目が取れる!!!しかも必修!

私個人としては放送大学の授業(ビデオ講義)が必修科目になっているような大学に子供をやろうとは思いませんが、人それぞれですのでこれも挙げておきます。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »