2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 政治とカネの問題って何? | トップページ | まず、槐よりはじめよ- 官房機密費 »

2010年5月18日 (火)

相良祐輔7つの大罪 4・5

相良祐輔7つの大罪 4・5

4 そして茶坊主だけが残った(でたらめな人事)
 トップは馬鹿でも、支える人たちがしっかりしていれば、組織はきちんと運営されるものである。それは、組織運営に携わるものにとっては「常識」にちかい。しかし、その「常識」が通用するのは、実質的な権限が分散している(いた)古き良き「日本型システム」が安泰な場合だけである。
 だが、わが国の他のさまざまな分野と同様、大学法人化はそのシステムを破壊し、かつ(こちらがより重要なことだが)それにかわるシステムをつくらなかったのである。強力な権限を持った学長を作り出しながら、その権力を民主的にコントロールする仕組みは存在しなかった。そのような状況でわが相良祐輔氏のような人物が学長になってしまうと何が起こるか?わが大学はそのすばらしい実例を提供してくれている。
 学長を支える役員は学長に任命される。仮に能力や識見において優れた人間が選ばれたとしても、学長の方針(改組にみるように、完全に手前勝手な思い付きである)に異を唱えれば、とおざけられ、再任されない。
 その結果、時間がたつにつれ執行部の能力は低下し、最後に残るのは、「一夜漬けで会議を乗り切る名人」、「声がでかいだけの単細胞」「金の亡者」(具体的な人に当てはめたりしないでくださいね。これは「例示」ですから)、すなわちイエスマン、「茶坊主」のみとなる。このような組織がきちんと運営されたら奇跡というべきだろう。
 だが、より深刻なのは、一般職員の人事である。職員組織においても無意味な組織いじりが繰り返され、最終的には本部職員の数が増えていることはすでにのべた。そして、そのような組織いじりのどさくさに、学長サイドから見て「功績のある」人々が管理職として重用されていくのである。典型的なのが、今回の裁判で証人として出廷するK氏である。開票作業終了後の投票用紙を勝手にいじるという、本来なら降格処分されて当然な「不正行為」(これは文部科学省のことばである)を行いながら、その直後に課長に昇任しているのである。
 他方、教員の目から見て、能力もあり自分の意見もしっかり持っているような職員はトップから疎んじられ昇任の道を閉ざされる。こうして、職員の中でもイエスマン「茶坊主」が幅を利かすようになる。このような事態が招くのは、深刻な士気の低下である。ともかくこのような状況の中でもくじけずがんばっている、一般職員には頭が下がる思いだが、このような状態がいつまでも続けばいずれ組織が機能しなくなるのは時間の問題である。
 最後に付け加えるが、この人事の問題に関しても、許せないのは文部科学省の責任(無責任)である。K氏と同じく今回証人となるB氏(この人も投票用紙を勝手にいじった)については、学長選考に関して学内が騒然とする中、異例の1月1日付けで他大学へ転出(栄転)している。これについては、同氏の後任者が、はっきりと「B氏は、本省が逃がした。あなたたちが騒ぐからだ」とある教員に明言している。つまり、文部科学省は彼らの行為が「不正行為」であると認識しながら、その責任者を「逃がし」、「出世コース」に乗せ続けているのである。
 このような連中が一方で子供たちに「道徳」や「愛国心」を教えようとする欺瞞を私はどうしても許すことができない。

5 学長任期は10年?
 ここでクイズである。
 まず第一問 高知大学長の任期は何年でしょう
       解答:一期目 4年 二期目 2年 合計6年
          これは、「国立大学法人法」に「6年を越えることができない」と定
          められているのに対応しています。

第二問 相良祐輔氏は何期目、何年目でしょうか
解答:二期目 三年目
 
第三問 なぜそのようなことが可能なのでしょうか
解答:一期目はカウントしていないからです。つまり現在の任期は建前上
   一期目ということにされているからです。

第四問 えー。なぜカウントされていないんですか。
解答:本来の第一期に、学長選考規則がなかなか作られず、制定されたのはそれが終わる2007年になってからだったため、規則を遡って適用することができないとされたからです。はじめの三年間は学長選考会議(当時の委員長は医学部長でした)が全く開催されなかったようです。

第五問 そうすると、相良氏は最長何年できるのでしょうか?
解答:現在の任期は2012年まで、そのあと本人がやる気ならもう一期(2年)可能ですから、2014年までできることになります。つまり、最初の任期から通算10年ということになります。

第六問 10年もやるというのは「法人法」に違反するのではないですか。
解答:弁護士さんに確認したところ、一回の任期が6年を越えるわけではないので、法律違反ということにはならないようです。しかし、立法の精神に反するのは確かです。

◎ まあ、ものは考えようで、2008年からはじまる任期が2年だったならば、すでにそれが終わって、相良氏は無事に逃げていたはずなので、任期があと二年あるということは悪いことばかりではありません。
◎ いずれにしても、あと2年あるいは4年というのはご勘弁願いましょう。

« 政治とカネの問題って何? | トップページ | まず、槐よりはじめよ- 官房機密費 »

コメント

学長の娘、個人的に昔の知り合いです。親子そろって独りよがりの天然ですか‥‥‥‥

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180307/48394859

この記事へのトラックバック一覧です: 相良祐輔7つの大罪 4・5:

« 政治とカネの問題って何? | トップページ | まず、槐よりはじめよ- 官房機密費 »